WORK PEOPLE
職種紹介
コーディネーター 入社2年目

福岡 由佳子

1 ワークアカデミーを選んだ理由は?

私が就職活動時に考えていたのは、これから先も長く勤められる職場が良いということです。 そのため、業界や業種にこだわらず色々な企業を見て回りました。
その中で、ワークアカデミーは採用担当者や面接官の対応がとても良かったんです。 感じの良い人ばかりで、「この人たちと一緒に働きたいな」と思ったのがワークアカデミーを選んだ理由の一つです。 また、私は「指示された通りに動く」というよりは、「自分で考えて動きたい」と思っていました。 コーディネーターの仕事の内容を聞いて、自分で考えて動くことができる仕事だと知り、自分にぴったりだと思いました。 このこともワークアカデミーを選んだ理由ですね。

2 このお仕事のやりがいは?

コーディネーターの仕事は、ワークアカデミーの講座運営が主な仕事になっています。講座を担当する講師の手配から、授業の準備、大学への報告など、講座がスムーズに進むように日々取り組んでいます。やはり、担当している講座が順調に進んで、無事に終わったときなどはほっとしますね。
さらに、講師が現場で授業を行いやすいように、自分なりに考えて準備をした結果、お褒めの言葉をいただいたりすると、「この仕事をやっていて良かったな」と思います。


3 入社して今までで一番嬉しかったことは?

先ほど答えたやりがいにも通じるのですが、講師から私の仕事の姿勢に対して感謝の言葉をもらったことです。私はいつも、できる限り現場が運営しやすいように準備しておきます。すると講師から、「現場に配慮してくれてありがとう。助かっています」といったようなお礼の言葉をいただきました。私にとっては当たり前のつもりで行っていることですが、やはり感謝の言葉をもらえると嬉しいですね。


4 将来の目標は何ですか?

現場で授業を担当している講師から、「最近の学生は、以前の学生に比べて学力が落ちている」「今時の学生は人の話を聞くのが苦手なようだ」といった意見をよく聞きます。学生の質の低下は、特にここ最近よく耳にするようになりました。だからこそ、学生の質を上げていくことが必要だと痛感しています。今は難しいかもしれませんが、いつか私の関わった講座で、日本の学生の質を上げることに貢献できればと考えています。そして、その結果、「今年の学生はすごく優秀だ」と言われるようになったら嬉しいですね。

5 皆さんへメッセージをお願いします

この会社は、周りが良い人ばかりなので、働きやすい環境だと思います。コーディネーターは、周りとコミュニケーションを取りながら、自分で考えて動いていくことも大切になります。言われたことをこなすだけでは物足りない人には向いていると思うので、興味がある方はぜひチャレンジしてみてください。

一日のタイムスケジュールを教えて下さい。

9:30

出社・朝会

10:00

講師ガイダンス準備

14時から講師ガイダンスがあるので、その準備。同時進行で、その他の事務業務もこなす。

11:30

ミーティング

営業スタッフと、担当している案件について打合せを行なう。

13:00

ランチ

14:00

来客(講師ガイダンス)

来月から開始する授業について、担当講師とミーティング。

15:00

事務業務

メール対応、学生の成績処理、授業準備など。自分の席にいる時間はできる限り有効に使う。

16:00

講師手配

営業が受注してきた講座を担当する講師を手配する。講師がいないと授業ができないので、とても重要な業務。

17:00

報告レポート作成

明日は授業の報告のため、担当している大学に行く。報告のためのレポートを作成した。

18:30

退社

WORK PEOPLE

ワークアカデミー社員のインタビューとともに
さまざまな職種の「リアル」をお届けします!

RECRUIT

ワークアカデミーで働く人に会ってみたい!
話を聞いてみたい人はコチラから!
募集要項や選考フローもご紹介

現在、募集を行っておりません。募集開始次第、NEWSにてお知らせ致します。